読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザキの残心

zaki's zansin

ユニークな発想を豊かにするには、子供の頃に・・・。 

家族

https://instagram.com/p/1RndtCq-JI/

Instagram

 

創造性知能との関連は高い。

 

f:id:hitujinotakuya:20150311092114p:plain

 

思考の広さ独自性は関連が高い。

 

 

創造性は5歳で低下し、小学4年で停滞がみられます。

 

高い知能の子供

集中力があり、細かい手先の作業に優れ、状況を観察

しながら自己の行動を統制できる。

 

中程度の知能の子供のほうが

「発想や行動がユニーク」、

「失敗を恐れずに困難な仕事を試みる」

傾向が高かった。

 

つまり、中程度の知能の園児の方が創造性が豊かである

 

4 歳ごろは、製作後に命名することが多い。

5 歳ごろには、製作前に内容を宣言して作製 することが多い。

 

 作品製作において、ほとんどの保育園児(2 歳 11 か月
~5 歳 10 か月)が粘土をレリーフのように平面的に使用しがちで、立体的に使用したのは、わ
ずか 22 名中 3 名の園児のみであったとしている。中川(2001)は、実際に 4 名の園児について、
2 歳から 6 歳の 4 年間の粘土作品の形態について調査している。その結果、作品形態の発達過程
は、粘土を触るなど行為そのものである段階から、粘土作品が客観的な形態をなし、それによっ
て自己表現する段階へ移行する過程であったとしている(p.80)。6 歳になると、作品の形態が具
体的になり、完成度も高くなり、何らかの「質的な転換」が生じたとしている

 

 

http://www.sonoda-u.ac.jp/tosyo/ronbunsyu/%E5%9C%92%E7%94%B0%E5%AD%A6%E5%9C%92%E5%A5%B3%E5%AD%90%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E8%AB%96%E6%96%87%E9%9B%8649/087-095.PDF

 

 

▲TOP