読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザキの残心

zaki's zansin

夏は、お化け屋敷でしょ。

家族

田野町のお化け屋敷のボランティアに行ってきました。

学生中心の手作りでしたが

裏からみることはなかったので

すべてが新鮮で楽しかったです。

 

 

小道具を借りて

写真をパチリ(笑)

 

f:id:hitujinotakuya:20140719134214j:plain

 

プロデューサーは

後藤さんって方でした。

 

有名な方らしく、ハリウッドの特殊メイクで活躍して

いたということでした。

 

硬い雰囲気はなくて

気楽に話ができて、かなりオープンな方でした。

 

おばけ屋敷の裏側って

接する機会がないから

かなりワクワクでした。

 

玄関のポスターなんかは

こんな感じで手作り感満載。

f:id:hitujinotakuya:20140719140733j:plain

f:id:hitujinotakuya:20140719165015j:plain

 

 

屋敷を案内してもらいました。

まだ外は明るく、スタッフの話す声も聞こえていたのですが

入ってみると、意外に暗くて

急に寒くなり、背筋が寒くなりました。

 

いろんな仕掛けがたくさんありました。

 

f:id:hitujinotakuya:20140719133054j:plain

f:id:hitujinotakuya:20140719133445j:plain

 

この人形は

上から落ちてくるタイプです。

 

f:id:hitujinotakuya:20140719133856j:plain

裏からみるとこんな感じです。

ペットボトルとかで

重さを調整していました。

 

裏から見ると

イマイチですが、

実際に体験すると

めちゃくちゃ怖いです。

 

 

 

学生がメイクアップして

やる気満々でした~。

f:id:hitujinotakuya:20140719133805j:plain

明るいのに

これだけでも

かなり怖い感じでした。

 

 

プロデューサーの後藤さんいわく

「怖がらせるのも訓練が必要なんです。

怖がらせて、後ろに戻ってしまっては、先に進めないからね」と

話していました。

 

また

「女の子は何人かでも大丈夫だけど。

男の子は3人まで。怖がらなくて、いたずらを始めるから。」という

アドバイスも言われてました。

 

さすが、熟練のアドバイスだなと思いました。

 

 

実際に祭りが始まり

お化け屋敷では

悲鳴がたくさん悲鳴が聞こえていました。

 

(そら、そうだろうよ。大人でも、怖いのに~。)

 

 

子供たちが

たくさん

泣いて帰りました。(笑)

 

 

いや~、有意義なボランティアでした。

f:id:hitujinotakuya:20140719134232j:plain

 

今週のお題「海か? 山か?」

 

いや、いや、お化け屋敷へどうぞ。(笑)

 

▲TOP